お役立ち情報
(インテリア~収納、暮らしのちょっとしたことまで)

まずは寝室のコーディネートをしませんか?
~ ホテルのような空間で睡眠を充実 ~

ベットとTVボードの間を少し空けて。

よく『生活感がないようにしたい!』という希望の中で、ホテルライクな暮らし、ホテルstyleなどといった希望をされる方も多いのですが、現実はなかなか‥‥。出来るだけスッキリとした空間にしたりはしますが、やはり生活していますから。ですが、寝室はおうちの中でもホテルライクのような空間がつくりやすいお部屋です。

まずは自分がゆっくりと睡眠を十分にとれる環境をつくることから始めてみませんか?ホテルのような寝室を目指し、コーディネートで暮らしを整えてみましょう。

【出来るだけ寝室はシンプルに】

暮らし方はいろいろです。一人暮らしで1DKなどのお部屋だったり、ご夫婦でもそれぞれのお部屋をお持ちですと、寝室に本棚やテレビ、趣味のモノなどが置かれているかと思います。

1人のお部屋の場合や夫婦それぞれの個室の場合は出来るだけベットの周りにはゴチャゴチャとモノを置かないように。ベッドサイドに小さなテーブルを置き目覚ましや携帯を置く程度。寝る時に視界に余計なモノが目に入らないようなベッド配置を考えます。部屋の中で空間分けを。

セミダブルのベットに1人で寝るのもおすすめ。
ベッドサイドにテーブルを置いて目覚ましと携帯の充電器を。

一人暮らしでも一部屋を寝室で使えると理想的ですね。衣類はクローゼットにしまい扉は閉めて、ベッドだけの空間をつくります。

カーテンやリネン類も合わせて選び、自分の好きなインテリアで寝室をつくるのがおすすめ。寝室はゆっくりと眠りにつく場所。リラックスできる空間が一番です。旅行などで宿泊したことのあるホテルで『このホテルが良かった』『あのホテルのような寝室が良いな』というのがあればぜひ参考にして寝室を整えてみましょう。

【ベット本体はインテリアstyleにあわせて】

寝室の家具で一番のメインとなる家具です。比較的ベッド本体は木製の家具が多いですが、アイアン製、ヘッドレスタイプなどがあり、お好みたインテリアstyleに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

【眠りに大切な寝具も大切に】

寝室にも空気清浄機を。毎朝起きたらリネンウォーター又は除菌ミストをかけましょう。布団カバーなどは肌触りに良いモノを。忙しい毎日でも1週間に1度は洗濯をして交換できるようにしたいですね。交換用と合わせて2組あると忙しい方にはおすすめです。寝具もベットパットや布団、枕なども出来れば定期的にクリーニング又は洗濯するようにしてください。(最近はコインランドリーも便利になり、布団用の大型洗濯乾燥機があります。そちらを利用するのもお勧めします。)

お洗濯の目安…タオルケット・ベットパットは1~2週間に1度、羽毛布団は季節が終わったらしまう前に洗濯、枕は2週間から1ヶ月に一度。シーツ類は1週間に1~2回がおすすめです。理想は頻繁に洗いたいですよね。でも忙しい方や家事苦手さんにはちょっと厳しい場合も。ご家庭によって都合があると思いますが、このくらいの頻度で負担にならない程度が良いかと思います。忙しさがひと段落した時や週1回のリセットの日にして交換すると、気持ちよく寝られます。

 

【寝心地はベッドマットも重要】

ベットマットは寝心地を左右します。ショップやショールームで実際に寝てみて試してみてください。好みの硬さが見つかります。また、現在使っているマットの上に薄型のマットを敷き寝心地を調整してみるのも良いですね。

 

【夫婦一緒の寝室例】

夫婦一緒の寝室でも生活スタイルや睡眠のルーティーン考えなどさまざま。夫婦で一緒のベッドの場合は寝返りなどで振動が伝わりにくいベッドマットに。別々のべどまっとでしたら、好みの硬さを変えることもできます。

狭くてもシングルベッド2台にして。

夫婦一緒にダブルベットで。

和室に布団を敷き夫婦の寝室に。

【参考】家族一緒の寝室例

家族みんなで一緒に寝る寝室。お子さんの成長次第ですが、一緒に寝れるうちはみんなで。

親子2人並んで。
すのこにベットマッドを置いた
シンプルなベットです。

お部屋いっぱいにシングル2台と
幅70㎝のスペースに特注の
ベッドマットを並べて。
マットの下は全て収納になってます。

【参考】ホテルのインテリア(ベッドルーム)

寝室のインテリアはホテルのインテリアを参考に。ベッド・ナイトテーブル、照明のスタンドと最小限にシンプルな空間にするのがおすすめ。寝るだけの空間として考えるとシンプルになります。ホテルの場所、お部屋によりテーマがあり、そのテーマに合わせてコーディネートされていますが落ち着きのある空間になっています。(代表自身がプライベートで宿泊したお部屋をいくつか。寝室として参考になるお部屋を掲載させていただきました。どのお部屋も快適でした。)

ホテルのカーテもお部屋テーマに
合わせてデザインされています。

(ヒルトン福岡シーホークホテル)
ツインプレミアムデラックスのお部屋

(神戸ポートピアホテル)
ミッドセンチュリーツインのお部屋

(エクセルホテル東急羽田)
18㎡でコンパクトでシンプルなお部屋
ビジネス利用の多い場所

まとめ

まずは寝室だけでもコーディネートされた空間にすると一日の終わりと始まりがちょっとだけ上質な時間になります。寝室だけでもシンプルに眠りの空間にしてみましょう。どのようにコーディネートすれば良いか迷う場合はインテリアコーディネーターにご相談くださいね。一緒に好みを見つけ出し、一つ一つピースを組み合わせるように好みのインテリアを作り上げていきます。

この記事を書いた人

秋山富美子

おうちデザイン研究所代表

個人宅を中心に収納を考えたインテリアコーディネートを行っています。

★寝室のコーディネート承ります!

初回は無料でご相談、アドバイスいたします。ご要望をお伺いし、お部屋の状況を拝見させていただきお見積りを致しますので、お気軽にご相談ください。

 

寝室をホテルのようなインテリア空間にしたくなったらご相談ください

  • ベッドを買い替えたい。できれば寝心地も良く上質なモノに。
  • ベッドルームにしたい。
  • 寝具も含めて心地よいモノで揃えたい。
  • 毎日忙しく過ごしている方。
  • 現在のお部屋でどのように寝室をつくれば良いか悩む方。

そのようなお悩みがありましたら、ご相談ください。お話しを伺いながらお部屋を見せて頂きご提案をいたします。お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

080-3470-4667

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表PROFILE

インテリアコーディネーター
秋山 富美子
あきやま ふみこ

ご依頼くださる方の暮らしから収納とどうしたらラクに快適に過ごせて、
ちょっと素敵なインテリアの暮らしができるかを考えてコーディネートをしています。1か月後、半年後と日が立つごとに自然と暮らしに馴染み、いつもの日常になってもらえるのが一番だと思っています。