収納・インテリア・暮らしのコラム
(インテリア~収納、暮らしのちょっとしたことまで)

食器棚は取り出しやすさとしまいやすさが基本

食器って気に入ったものを使われているのではないでしょうか?もちろん頂きものもあると思います。気に入った食器やグラス、それぞれのご家庭でカレー用、麺類、フルール用、メインの料理用、副菜用…などなどご家庭のお料理に合わせて用途が決まっていませんか?このお皿だとおいしく見える!とお料理も楽しくなります。

比較的どれも気に入ってるから、時々でも使いたいから持っていたいですよね。ここではそんな食器類をしまい方をご紹介します。

 

扉を空けたときに見やすく、分かりやすく。

お気に入りのカップソーサー
その日の気分に合わせて選ぶのも楽しいですよね。

食器は“取り出しやすく”、“戻しやすく”が基本

同じような大きさの場合、重ねてしまいがち。数が少ない場合はやむを得ない場合もありますが、ある程度まとまった数であれば取り出しやすい方が良いですよね。見てすぐわかるように。種類ごとに場所を決められると取り出したときにその場所が空きます。当然戻すときはそこの場所に戻すだけ。戻しやすいですよね。これが良く言われる定位置に戻すということです。特にキッチンの収納はお鍋や調味料含めて“定位置に戻す”というのが一番納得しやすい部分かもしれません。

小皿などはニトリの食器用のラックを使って種類ごとに

カップソーサーはお皿とカップを分けたり、数によってはまとめて

平皿は種類ごとにすれば見やすく
もとに戻しやすい

カトラリー類もキッチンの引き出しにちょっとトレーなどをプラスするだけでも使い方が変わります。

たくさんのグラス類は種類ごと用途ごとに並べると選びやすく、飲み物に合わせてグラスを選ぶのも楽しくなりますね。

食器棚も収納の量を考えてプラン・デザインしております。収納に困らない、インテリアになるオリジナルの食器棚もおすすめです。

中に何が入っているかすぐ
わかるように、透明ガラスの扉に

スペースがあまりない場所に
コンパクトな食器棚を

好きで集めた作家のグラス、
眺めて使って。

壁一面を利用した食器棚。オーダー家具と工事で組み合わせて。

食器だけでなく飲料水のストックも箱ごと置けるスペースも。

リビング側には集めた
カップソーサーとグラスを。

★収納方法はデザインGalleryでも紹介しています。

たくさんの食器をお持ちの方へ

  • 食器やグラスをたくさん持っていて収納がごちゃごちゃ。
  • お料理に合わせて選びたいけど取り出しにくい
  • 好きで集めたコーヒーカップやティーカップをキレイに収納したい

そのようなお悩みがありましたら、ご相談ください。生活を伺いながらアイディアだし収納を考えます。家具のプランやデザインも考えご提案をいたします。お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

080-3470-4667

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表PROFILE

インテリアコーディネーター
秋山 富美子
あきやま ふみこ

ご依頼くださる方の暮らしから収納とどうしたらラクに快適に過ごせて、
ちょっと素敵なインテリアの暮らしができるかを考えてコーディネートをしています。1か月後、半年後と日が立つごとに自然と暮らしに馴染み、いつもの日常になってもらえるのが一番だと思っています。