東京で収納に強いインテリアコーディネーターにご依頼・ご相談はおうちデザイン研究所にお任せください!

Lifestyle Design —ライフスタイルデザイン―

それぞれの暮らしに合わせたおしゃれで機能性を兼ねた収納をデザイン
収納もインテリアにして心地よい空間をコーディネート

収納・インテリアコーディネートの事例

インテリアや収納が苦手でも、暮らしをデザインすると生まれる“心地よさ”と“心のゆとり”を

手に入れてもらいたいという思いでご提案~コーディネート、収納作業まで行っています。

SERVICE —主なサービス—

INFORMATION ―お知らせ―

センスアップコーディネート♪

サービス価格でご対応中!リビングだけのコーディネートやちょっとしたリフォームなどにご対応できます♪
期間:2023年3月末まで(毎月2組様)

サロンインテリアモニター募集

サロン・ショップ・Café・お教室など自宅スペースで主宰されている方、これから始められる方でご協力いただける方を募集しています。

収納・インテリア・暮らしのコラム

New!『和室とリビングをつなげて
オープンキッチンに』
~今の暮らしに合わせて~
築20年~の3LDKのリノベーション

New!コーディネート事例ご紹介

『これからの暮らしを考えてスッキリと。リノベで心地よく』
—理想の暮らし—
3LDKのリノベーション事例です。

暮らしや要望に合わせた収納・インテリアコーディネートしています!
美しく見せるインテリアと生活感を隠す収納

モノを出したくない場合は暮らしの生活動線に合わせて隠しても使いやすいを考えた収納にすれば上手くいきます。

ほどよい生活感を
馴染ませるインテリア

年代によってはこれまで出来ていたことがちょっとシンドイ…ならいつも使うものは出しておく。インテリアで明るく心地よく。

収納家具も
インテリアの一部

オーダー家具をタイルや照明・ミラーと組み合わせオリジナルの家具をデザインします。

狭さを感じない
部屋つくり

狭小住宅・マンションならではの収納問題。狭さを感じないような空間造りとインテリア。

サービスと料金のご案内

お申込みからサービスご利用までの流れを分かりやすくご紹介します。

よくあるご質問とその答えをご紹介します。ぜひご一読ください。

40代50代60代それぞれのステージのインテリアリノベーションをご紹介

★モニター募集…サロン・整体院、自宅Café・お教室、水廻りのリフォームのインテリアコーディネートのモニターを募集しております。

News

2022/11/24
コーディネート事例(リノベーション)
『これからの暮らしを考えてスッキリと。リノベで心地よく』
—理想の暮らし― 3LDKのマンションリノベです。
2022/11/17
センスアップコーディネート
サービス価格でご対応中!リビングだけのコーディネートやちょっとしたリフォームなどご対応できます。(2023年3月末まで)
2022/10/31
モニター募集
サロン・整体院、自宅Café・お教室、自宅の水廻りのインテリアコーディネートのモニターを募集しています。

AREA — 対応エリア

東京都内を中心に・埼玉県・千葉県・神奈川県のお客様からのご依頼もいただいております。関東近県、関西圏(大阪府・兵庫県他)のご対応も可能です。

ご相談ください。※別途出張費をいただいております。

おうちデザイン研究所代表 秋山 富美子
(インテリアコーディネーター)

おうちデザイン研究所へようこそ!

たくさんのインテリアコーディネーターのホームページの中からおうちデザイン研究所のホームページにお越しくださり、ありがとうございます!ホームページをご覧いただき、収納のアイディアやインテリアデザイン、リフォーム・リノベーションアイディア、暮らしのヒントを見つけていただくだけでも幸いです。

おうちデザイン研究所では住む人が明るく笑顔になり、風が通る「ホッとできる暮らしやすいインテリア』。ただインテリアを素敵にするコーディネートではなく、半年、1年後、コーディネートしたお住まいが暮らしに馴染み“日常”になっているコーディネートをしています。

そんな“日常”を手に入れてもらうための暮らしのデザインををいつも心がけご依頼いただいた方のために全力でご対応させていただいております。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

080-3470-4667

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

代表PROFILE

インテリアコーディネーター
秋山 富美子
あきやま ふみこ

ご依頼くださる方の暮らしから収納とどうしたらラクに快適に過ごせて、
ちょっと素敵なインテリアの暮らしができるかを考えてコーディネートをしています。1か月後、半年後と日が立つごとに自然と暮らしに馴染み、いつもの日常になってもらえるのが一番だと思っています。